リコッタがよく分かる知識が身につく 楽しく学ぶチーズの話

皆様こんにちは
如何お過ごしでしょうか?

今回は、久し振りにチーズのご紹介です。

〔ナオコさん〕『今回ご紹介致しますのは、特に女性に大人気の、イタリア産フレッシュチーズ〈リコッタ〉です』

そうです、有名なパンケーキに使われるチーズとしても話題になりましたね。

Galbani Ricotta 蓋有り
Galbani Ricotta 蓋無し
色々なメーカーがありますが、こちらはイタリア大手のメーカーのもので、新宿のチーズ売場でも人気が高く、とてもよく売れていました。

何かの事情で入荷が見合せになった時には問い合わせが大変多く、皆様の日常に欠かせないのですね~と感じたものです。

自宅用のみならず、新宿という土地柄もあり飲食店等でご利用されているケースも目立ちました。

〔ナオコさん〕
『それ程の人気商品なのです。』

ご自宅用に毎週まとめ買いされる常連様もいらして、以前ご紹介しました〈ベームスターEX〉ご愛用のお客様同様、「就職しては如何でしょうか?いっそのこと生産者になってはどうでしょうか?」と心から思った程です。

本場のイタリア人並みに召し上がっていらっしゃるのではないかな~と思わせるほどの消費量なのです。

そのお客様は、途切れることなく買われていましたね~〈リコッタ〉愛されていますね。

その《リコッタ》ですが、南イタリア原産で、イタリア全土で作られているフレッシュタイプのチーズです。

〔ナオコさん〕『もともと、ペコリーノ(羊乳チーズ)を作る時に出る乳清(ホエー)を利用して作られました。』

イタリアでは、羊乳や水牛乳、牛乳製等がありますが、日本に輸入されているものの殆どは牛乳製で、乳清(ホエー)にクリームを加えて作る〈リコッタ・アッラ・パンナ〉になります。

《リコッタ》の見た目は真っ白で、何だかとっても優しい印象。ほわっほわというか、ちょっと豆腐を裏ごししたような柔らかい見た目と口当たりです。

そして味わいですが、そのまま食べますと、なんとも言えず優しい~懐かしいような素朴なミルクの甘さをほんのり感じることが出来ます。

塩気や強い風味はなく、とても食べやすいです。

後口はさっぱりとしていて、飽きの来ない味わいです。

ところで《リコッタ》にちょっぴり甘さがあるのは何故だかご存じですか?

乳清(ホエー)には、乳糖という成分が含まれているからです。懐かしいような自然の甘さは乳糖のお陰です。
(余談ですが、ミルクを飲むとお腹がゴロゴロとする方は、この乳糖が原因です。)

3枚のチコリとリコッタチーズ」
《リコッタ》は、二度(ri)煮た(cotta)という名前そのままに、二度煮て作られます
(製法が名前の由来)

一般的にチーズを製造する際、温めたミルクにレンネットを加え、タンパク質等の固形分と乳清(ホエー)と呼ばれる液体に分離させます。そして固形分の方をチーズ作りに使います。

《リコッタ》は液体の方、チーズ作りの副産物でもある乳清(ホエー)を再利用します。

乳清(ホエー)にミルクを足し、高温で熱しますと、ふわふわとした固まりが出来あがります。それをすくいとり水切りしますと、《リコッタ》が完成します。

乳清(ホエー)には、たんぱく質やカルシウムや鉄分、ビタミンA.B類、乳糖等が含まれています。

尚且つ低脂肪なので、とってもヘルシーです。

そうなりますと、やはり、これを利用しない手はないですよね。

美味しくてヘルシーで、尚且つエコ

イタリアでは、この乳清(ホエー)を再利用した《リコッタ》は非常に手軽に食べられているそうです。

そのままやデザートや菓子作り、パスタやサラダ、ラザニア等の焼き料理にも、とにかく幅広く使われています。

一般的には捨てられてしまうチーズ作りの副産物、乳清(ホエー)。(今はその良さが評価され、色々な分野で利用されています。)
その良さをギュッと凝縮させた《リコッタ》

先ずはシンプルに召し上がってみて下さい。

ハチミツやジャムを添えるだけでデザートに。

トマトと合わせ、ドレッシングをかけるだけで立派なサラダに。等々。

暑くなるこれからのシーズン、イタリア産の優しく懐かしい美味しさのフレッシュチーズ《リコッタ》は、きっと出番が多いことでしょう。

是非お試し下さいませ。

紅茶、コーヒーにとてもよく合うリコッタの簡単で甘いスイーツ
ラズベリーやブルーベリーに合わせた甘〜いスイーツのレシピです。おもてなしにもどうぞ
ブラックコーヒーや紅茶にとてもよく合うリコッタの簡単スイーツ
ミントに合わせた大人向けの簡単デザートのレシピです。器を凝れば立派なおもてなしに
ビールによく合うリコッタのとっても簡単でヘルシーなサラダ
春キャベツに合わせた栄養バランスに優れたサラダのレシピです。日頃のお食事にどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました