ペコリーノ ブラックトリュフがよく分かる 楽しく学ぶチーズの話

皆様こんにちは😊🎵
如何お過ごしでしょうか?
早くももう12月、私サイトウナオコは、今日も忙しくチーズ売りに勤しんでおります。

〔ナオコさん〕
『早速ですが、今回ご紹介致しますのは、『ペコリーノ ブラックトリュフ』というイタリア産チーズです。』

このチーズは名前そのままのチーズなので、それが分かる方は、すぐに想像がつくかもしれませんね。
そう、「ペコリーノ」とは、イタリア語で羊乳製のチーズのことを言います。

今回のチーズ、『ペコリーノ ブラックトリュフ』は、黒トリュフ入りの、イタリアはサルデーニャ産(サルディニア島)、羊乳のハードタイプのチーズです。本当に名前そのままですね😊
(サルデーニャは、イタリア半島の西方、地中海に位置する島で、イタリアではシチリア島に次ぐ2番目に大きな島です。)

ところで、こちらが『ペコリーノ ブラックトリュフ』の写真ですが、見るからに爽やかさとは程遠く~なんとも野性的で男らしい印象ですよね?何か一筋縄ではいかないような強いインパクトを感じます😊

ペコリーノブラックトリュフ

なんとも、見る者の興味を掻き立てるチーズではないでしょうか?😊
このチーズの味は一体どうなのでしょう?と。
あるいは、私が地質学?を研究する者なら、確実にこのチーズも調べるでしょう。いにしえの生き物達の化石が見つかりそうですもの!
でも、こちらは紛れもなくチーズなのですよね😊

その『ペコリーノ ブラックトリュフ』ですが、トリュフもイタリアの特産品で、羊乳チーズも特産品なので、とてもイタリアらしいチーズの一つではないでしょうか?😊

〔ナオコさん〕『ちなみにサルディニア島では、有名な 「ペコリーノロマーノ」を初めとする様々な羊乳チーズが作られています。本当に羊の島ですね。』

そしてそのお味ですが、羊乳のちょっと甘味のある濃いミルクの味わいに重なるように、トリュフの力強い味わいと香りが追いかけてきます。同時に、ピリピリとした差すような刺激もあり、大人向きのスパイシィさも味わえます。食べた後は、トリュフの香りが鼻に強く残るので、長~く余韻が楽しめます😊(何か得した気分になりますよ✨)
トリュフの風味を羊乳チーズがしっかりバックアップしているので厚みのある味わいに仕上がっています。
ですので、重めの赤ワイン等にピッタリです。

お客様からは、
〔赤毛の女性〕
『他に替えのきかない美味しさ』

〔驚く女性〕
『ちょっとした一品料理みたい』

〔おかっぱの女性〕
『和食にも通じる味』

〔青い服の男性〕
『毎週買っています。』

等のご意見が多数聞かれます😊☝
食べやすいかと問われますと、やはり個性的で好みが分かれる一品です。ただその分、好きな人にはたまらない一品になるわけです✨

販売していて感じることは、本当に世の中には想像以上にトリュフ好き❤の方がとても多いということです。

ご来店の際には毎回必ずお買上される方、好き過ぎて週に3回も買いに来られた方、ギフトに利用したいと全て買い占めていく方、他のチーズの値段にはシビアなのにこのチーズの値段には寛容的な方、ご夫婦で買いに来られて必ず一緒にトリュフたっぷりの部分を選んでいかれるのに毎回奥様一人でこっそり完食されている等(世は情けですから、ご主人様には奥様より大きいサイズの試食を差し上げております。私も人の子ですね。)、今回のこのチーズに限らないのですが、とってもトリュフ需要を感じます。皆様本当に好きなのですね~本当にしみじみです。

試食の際は、必ず先ず香りを嗅いでいただき、その上で召し上がっていただきます😊
そうしますと皆様、先ず香りで「お~~っ」となり、食べて再度「お~~っ」となります☝
この「お~~っ」は、勿論チーズの味に反応しているのですが、4割がたは「これは美味しい❤」の「お~~っ」で、2割がたは「これはキツ過ぎて、ちょっとごめんなさい💦」の「お~~っ」で、残りの4割は小さめの「お~っ」で、グレーゾーンのお客様です。
気に入った方にとっての「お~~っ✨」は、本当に替えのきかない「お~~っ✨」なのだと思います😊☝

中には、トリュフは人生初体験!の方も勿論いらっしゃいます。
そんな方には、
〔ナオコさん〕
『ではトリュフが好きかどうか実験致しましょう!』
とゲーム感覚で試していただく事も多いです😊
そして、
〔ナオコさん〕
『判定です~お客様はトリュフが大好きです。おめでとうございます。』

はたまた、
〔ナオコさん〕『判定です。お客様はトリュフは今一つのようですね。でもいつか好きになるかもしれませんね~将来を楽しみにしましょう。』
等と判定しますと、判定結果に関係なく、皆様とても嬉しそうです😊☝

ペコリーノブラックトリュフ拡大

『ペコリーノ ブラック トリュフ』は、写真のように、チーズに亀裂のようにトリュフのペーストが入り込んでいます。黒々とたっぷりと入り込んでいるときは、まさに黒い稲妻⚡⚡⚡そう、「ブラックサンダートリュフ」です!(なんとなく、カタカナにしてみました。気分が違いますね。)
やはりナチュラルチーズなので、その時々で個体差があるのですが、サンダー指数が高い時は心で叫びます。「お見事❗」
そして、一番サンダー指数が高いものを選びとり、わざと、その断面を見せるように配置します😊☝
そうしますと、ホラ、ちゃ~んとお客様が手に取っていらっしゃるではありませんか!思った通りです~思わず口角が上がってしまいます😊
〔ポニーテールの女性〕『今日は予定にはなかったけれど、サンダー指数高いから✨買おうかしら?』
と考えているに違いありません。
そこへお声をかけ、今回のサンダー指数がいかに高いかをお伝えし後押ししますと、本当に買っていかれるではありませんか。
お客様はおっしゃいました。
パーマネントの女性『このお店には、トリュフの神様がついていますね』

と。
お客様は本当に良いお買い物をされました✨
皆が満足🎵皆が笑顔🎵今日も楽しいチーズ販売です。

この、一筋縄ではいかない『ペコリーノ ブラックトリュフ』伸るか反るかはお客様次第です😊☝
そして、クリスマス等これからのパーティーシーズンの話題作りに大変お薦めです。美味しく楽しめますよ✨

宜しければ、『ペコリーノ ブラック トリュフ』是非一度お試しくださいませ😊☝

コメント

タイトルとURLをコピーしました