ナオコさんの2019新年福袋販売奮闘記〜今年もがんばりましたよ〜

福袋

一年に一度、私は私の日常には無縁の、ある事に向き合います。

それは、福袋。

わ〜〜〜!もうこんなに人が並んでる〜!何故〜

もちろん福袋故。

分かってはいますが、新年を迎えたばかりの一月ニ日朝、その日の戦場になるであろうまだ開店前の百貨店の前を通る時、毎年新鮮にそう思うのです。

大きな声では言えませんが、私なんてさっき起きたばかり。何だか申し訳ない。

私が歯磨きをしている頃、皆様は寒空の下コートに身を包み、既に規則正しく列を成しているのです。何だか、すみません。

起きたばかりですが、皆様の姿を見てやっと目が覚めました。良かった。

そうそう、世の中ではこんなに人気の福袋ですが、私は人生で一度も福袋を買った事がないくらい福袋とは無縁です。

ですが同時に、毎年新年には必ずチーズの福袋を販売するくらいに福袋とはとてもご縁があります。

いったいどっちなんだ?

そんなこんなですが、今年の新年もチーズの福袋売らせて頂きました。

今年は、3000円、5000円、10000円、20000円、のチーズの福袋です。

時代は変わりました。

以前は、3000円、5000円、だけ。

いつの頃からか、気付けば、10000円、そして20000円が仲間入り。

スゴ〜。

これもひとえに

皆様のチーズ愛が大きくなった証。

皆様がチーズに心を許している証。

皆様がチーズと生活をしている証。

総数何百とあるチーズの福袋が、いつの間にか売り切れてしまうのだから、なんと言いますか、本当に、

皆様お買い上げありがとうございます。

皆様にとって、今年が良い年でありますように。

我が家の神棚に向かってしっかりとお祈りさせて頂きますね。

チーズの福袋は単品をそれぞれ買うよりも*3割くらいお安くなっているので、やっぱりかなりお得。
(*各ショップによりますのでご了承下さい。)

好きな方にはたまらないでしょう。

3000円、5000円あたりは、*比較的食べやすいものが中心で、そして比較的手に入りやすいものが多く入っています。

10000円、20000円になりますと、*味の個性の強いものや単価の高いもの、今の季節にしか手に入らないもの、専門店でしか手に入らないもの等が加わってきます。
(*各ショップによります。)

福袋も4種類あると内容がずいぶん違いますので、お客様がどの福袋に注目するかで、お客様が普段どういうチーズを召し上がっているかが少し見えて来ます。

それをヒントにお好みのものをおすすめしたいのですが、なんと言っても新年です、そしてここはお江戸日本橋、大勢が高波のように押し寄せたりするわけです。

もうお一人お一人に伺ってはいられません。

とはいえお客様全員チーズ経験値も趣向もばらばら。

ならば、私に出来る事はただ一つ。

ひたっすら、片っ端から、とにかくひたっすらにチーズの説明をするのです。

もうスポーツです。

ひたっすら走る。

いや走らない。

ひたっすら話す。

もし福袋選手権があるならば、私はきっと勝っちゃうかも〜と思うくらい、ひたっすら説明します。

最後には内蔵が筋肉痛になるくらいに喋り倒すのですが、

内蔵が筋肉痛になってみて、結果的に福袋が売れてみて、そして思うのは、お客様は〈チーズの説明〉が欲しいのだな〜ということ。

販売の上では本当にあまりにも当たり前過ぎることなのですが、毎年しみじみそう思うのです。

チーズは見ただけでは分からないから、お客様は笑顔付の的確な説明を心の底から欲しているんだな〜と。

だから、説明した分福袋は売れました。

もちろんチーズの内容や場所柄も大きく影響しますよね。

ただ、労力を惜しまず、お役に立てるようひたっすらに説明をすれば、3000円でも20000円でも喜んで買って頂けるのだな〜と、改めて実感です。(今回は10000円と3000円から売り切れました。)

新年の福袋の販売は、ほとんどお祭り。

皆様こぼれんばかりの戦利品を手にとても忙しそうでした。

やった〜これ欲しかったんだ〜!

あちゃ〜勢い余って買ったけど、これ失敗!

などなど、買った後のこれがまた楽しいのでしょうね。

今年も沢山の福袋が各家庭に嫁ぎました。
あっ、私がまだだ(笑)

お買い上げの皆様本当にありがとうございました。

新年の花

コメント

タイトルとURLをコピーしました