11月11日は何の日?11月11日はチーズの日。チーズの記念日です。

Mont d'Or

わ〜早い。

早過ぎます。

もう一年も経ったなんて。

一年て、なんて、本当にあっという間。

今日は、11月11日。

もう、一年も経つんですね。

去年の今日から。
(うん、それは間違いない。笑)

感覚的には、つい数ヶ月前に、季節限定の《モン・ドール》を、「季節限定です〜」と言って販売していた気分なのですが、いつしか夏を越え、今また同じセリフを言っています。

驚愕。

一年が半年に感じる。

24時間は12時間に感じる。

ちょっと、あせります。

でも、充実している証拠かな?

何はともあれ、今日はもう、11月11日。

そうです、チーズに携わっている方ならご存知の、そう、11月11日。

ふふふ、ポッキーの日の事ではないですよ。

以前は私もそう思っていましたけど。

でもね、違うんです。

11月11日、今日は《チーズの日》。

チーズをより知ってもらい親しんで頂けるようにと、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会により、1992年に制定されたチーズの記念日です。

ちなみに、《11月11日》は、チーズの歴史にちなんで決まりました。

** 今年(2019年)は、28回目の記念日です。

そして、やはりチーズの記念日ということで、今年もチーズフェスタが催されています。→11/10(日).11(月)

チーズフェスタでは、輸入チーズはもとより、国産チーズも紹介されています。

日本のチーズというとプロセスチーズのイメージがまだまだ強いですが、今では様々なナチュラルチーズが、北は北海道から南は沖縄まで、全国各地で造られていますね。

チーズ造りを通して地域の活性化に尽力されている方々や、世界にも発信し挑戦されている方々等、様々です。

いにしえの頃には、日本のチーズのルーツでもある《蘇》という、とても素朴で、でも当時としては、大変贅沢なチーズようのものがありました。

チーズというよりは、とてもシンプルな乳製品で、味わいは、甘さのないスイーツのようでもあります。

実は以前、《蘇》とはどういうものかと気になり、作ってみました。

レシピを調べると、根気も必要なかなり手の込んだものなど色々ありましたが、その中でも、私にも出来そうな手作りしやすいものを選び再現してみたのです。

Homemade cheese SO

振り返ると、確かに根気も必要でしたが、それよりも、楽しかったな〜という印象の方が強いですね。

《蘇》や再現レシピに興味のある方はこちらをどうぞ。

《蘇》が造られていた当時、それは大変高級なもので、庶民の口には入りませんでしたが、時代は本当に変わりましたね。

日常でも改まった席でも、一人でも大勢でも、夏でも冬でも、都会でも地方でも、お酒にもお食事にもおやつにも、照っても降っても、北は北海道から南は沖縄まで、チーズは引っ張りだこ!ですね。

全国の皆様のチーズ愛を、とてもひしひしと感じます。

今日この日、改めて、チーズを味わえる喜びや楽しめる幸せに、今一度、感謝したいな〜と、はい、心からそう思います。

チーズさん、ありがとう。

cheese plate

コメント

タイトルとURLをコピーしました