チェダーポーターがよく分かる役に立つ 楽しく学ぶチーズの話

皆様こんにちは😊
如何お過ごしでしょうか?
今回は、久しぶりにチーズのご紹介です♪
大きいチェダーポーター
如何ですか?
こちらが今回ご紹介するチーズですが、召し上がったことはありますか?もしくは、ご覧になったことありますか?

一度見たら忘れないですよね。ついつい目を奪われてしまう、まるで、べっ甲のような大理石模様。知らなければ、到底チーズとは思わないでしょう。チョコレートのようにも見えますよね。でも、間違いなくチーズなのです♪

〔ナオコさん〕『チーズ売場でも、一際お客様の目を引いているこのチーズ、アイルランド産の牛乳製ハードタイプのチーズ「チェダーポーター」です♪』

日本ではヨーロッパを初めとする世界の様々なチーズが販売されていますが、その中でもアイルランド産のチーズは珍しく、種類もとても少ないです。

そんなアイルランド産の「チェダーポーター」は、アイルランドの南に位置するマンスター地方のリムリック州リマック県で造られています。

有名なチェダーチーズに、あるものを練り込んで造られているのですが、

〔ナオコさん〕『この黒い色の正体、一体何だと思いますか?』

お酒に詳しい方なら、チーズの名前を見てきっと直ぐに気付くと思うのですが…そうでない方は、さっぱり分からないようです。
チーズ売場でも、クイズのように質問をしてみるのですが、当てた方はほぼ皆無です。ヒントも出すのですが、それでも当たりません。もしかしましたら、私の出すヒントに問題があるのかもしれませんね(笑)

〔ナオコさん〕『では正解ですが、黒い色の正体、それはアイルランド伝統の黒ビール「ポーター」です。』

お客様にそのことをお伝えしますと、皆様とても驚かれて、そしてとても嬉しそうです。益々「興味津々」のご様子です♪

見た目のインパクトも強く黒ビール入りとなれば、お味も凄そうですが、実際は見た目に反してとても食べやすくマイルドな味わいです。
大きい 黒ビールとチェダーポーター
ポーターは、ローストした麦芽の香ばしさと苦味、そしてコクのある美味しい黒ビールです。

〔ナオコパパ〕『余談じゃが、有名なアイルランドのギネス社の黒ビール「スタウト」は、色味や味わい、原麦汁濃度等をポーターをより強くしたものじゃ。』

そのポーターを、チェダーチーズに練り込んであるのですが、口に含みますと、ほのかにチェダーの酸味があり、そのあとにポーターのコクと甘み、ほろ苦いような香ばしさが広がります。
まろやかでとても食べやすく塩分も穏やかなので、お子様からご年配層のお客様にまで幅広く人気です♪

試食をしていただきますと、初め「別に普通ですね」と仰るのですが、その直後、「あっ」と反応されて、「美味しいですね♪」と仰るお客様がとても多いです。
食べた時、後半にポーターならではの香ばしさと美味しさを感じることが出来ますので、皆様それに反応されているようです。特に、室温に戻した「チェダーポーター」を召し上がっていただきますと、その反応が多いですね。「とても美味しい♪」と大変喜ばれています。
大きい ポーター皿盛り
「チェダーポーター」は、チェダーチーズならではの特殊な製法チェダリングを生かすことで、あのような大理石模様になります。
その、あまり他に類をみないインパクトのある見た目と、それに反したまろやかな味わいは、プレゼントやおもてなしに大変お奨めです♪

〔ナオコさん〕『以前、バレンタインデー時期に百貨店で販売をしていました時、チョコレートの代わりに「チェダーポーター」をプレゼントされる女性のお客様が目立ちました。』
甘いものが苦手な男性やお酒好きの方に差し上げるとのことでした。
見た目はチョコレートですから、サプライズ効果もあり、とても楽しくて美味しいプレゼントになりますよね♪

黒ビールにはもちろん、ウィスキー等にもよく合います。香ばしさがありますので、コーヒーにもお奨めです。甘いものとの相性もとてもよく、蜂蜜は特にお奨めです♪

皆様、これからのビールが美味しいシーズン、珍しいアイルランド産のチーズ「チェダーポーター」、是非一度お試し下さい😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました