アッペンツェラーがよく分かる役に立つ 楽しく学ぶチーズの話

皆様こんにちは😊🎵
如何お過ごしでしょうか?
今回は久しぶりにチーズのご紹介です。

〔ナオコさん〕『ご紹介致しますチーズは、スイス産の「アッペンツェラー」です。』

牛乳から造られる、時折グリンピース大の気泡のある、きめの細かいしっとりとした組織のハードタイプのチーズです。

三角のアッペンツェラー

(こちらは、アッペンツェラーエクストラ《黒ラベル》です。)

スイスと言いますと、色々あるとは思いますが、その中でも多くの方が思い出すのは、やはり「アルプスの少女ハイジ」ではないでしょうか?

〔ナオコパパ〕『ナオコお前もハイジが大好きで子供の頃は本当によくテレビで観ておったの』

〔ナオコさん〕『ハイジに出てくる景色や生活は、私の日常とは全く違い、子供心にとてもカルチャーショックだったのよ』

〔ナオコパパ〕
『アルプスの少女ハイジ」の故郷は、スイスの東部にあるマイエンフェルトという標高500m程にある美しい村じゃからの。
ハイジの故郷は、実在する村がモデルになっているのじゃよ
マイエンフェルトはアニメそのままに、山に囲まれ緑に溢れ、空気の澄んだ青くて広い空が何処までも続く美しい場所じゃ。』

今回ご紹介する『アッペンツェラーの故郷は、そのマイエンフェルトにもほど近い、スイス北東部にあるアッペンツェル地方です。マイエンフェルト同様、風光明媚な所で、まさにチーズ造りには最適な場所ですね。

そのアッペンツェル地方で、8世紀頃から造られている、スイスチーズの中でも古い歴史を持つ伝統的なチーズが、今回の『アッペンツェラー』です😊

スライスされたアッペンツェラー

アッペンツェラー』は、薬草やスパイス、白ワインやシードル等をまぜた塩水を浸した布で、繰り返し繰り返しチーズの表面を磨かれながら造られます。その配合等は門外不出だそうで、それはまさに秘法ですよね。その秘法で造ることで、『アッペンツェラー』ならではの独特の味わいが生まれます🎵

アッペンツェラー』の特徴の一つにラベルがあります。
アッペンツェル地方の紋章である「二本足で歩く熊」がラベルに描かれているのですが、そのラベルの色が熟成の長さによって3種類あるのです。

《🍀銀ラベル⇒3~4ヶ月熟成》

マイルドでフルーティ。やさしいミルクの味わい。ほのかにナッティ。軽やかに食べられます。

《🍀金ラベル⇒4~6ヶ月熟成》

香りやコクが出てきて、深みが増します。ナッティ。とてもバランスがいいです。

《🍀黒ラベル⇒6ヶ月以上熟成》

アッペンツェラーならではの個性が際立ちます。順番に色々な風味が口の中に広がります。ナッティでもありミルクの甘みもあり、そしてスパイシィーです。日本の発酵食品にも通じる独特の風味もあり、複雑な美味しさが楽しめます。好みも分かれますが、一番人気です。

以前、熟成の若いものも販売しましたが、その後販売しました黒ラベル(エクストラ)の方が、圧倒的に人気でした🎵
熟成が若いものも、じんわ~りととても美味しいのですが、黒ラベル(エクストラ)は美味しい上にインパクトがあり、そして代えが利かないのでしょうね~そう思いました😊

新宿で販売していた頃、『アッペンツェラーエクストラ』はレギュラーだったりセミレギュラーの商品でした。たまたま商品がない時に、ご注文(予約)されるお客様がとても多かったのが印象的です😊予約というと、なんだかいつもアッペンツェラーでした。熱烈ファンの方が多いのですね🎵

〔ナオコさん〕『でも、先ずは銀ラベルから試して、次に金ラベル、そして最後に黒ラベルを試すのも、チーズの成長を見るようで楽しいですよね~その試し方、とってもお奨めです。』

ところで、新宿店では試食を重ねたので人気でしたが、『アッペンツェラー』はスイスを代表するチーズと言えど、日本ではメジャーではない印象です。
スイスチーズと言えば、フォンデューでお馴染みの、グリュエールやエメンタール、最近メディアの影響で知名度の上がったラクレット(ハイジに出てくるチーズ)等がよく知られていますよね。それに比べますと、まだまだ、という印象です。
でも、オリジナリティがあり、それらのチーズと同じようにとても美味しいので、皆様是非、お試し下さい😊

そのままも良し、加熱にも大変向きます。自由に召し上がって下さい。お酒は、色々合いますよ~辛口の白ワインやビール、焼酎や日本酒にもお奨めです。

スイスのチーズを想う時、必ず「ハイジ」の風景が思い出されます🎵(バックには「ハイジ」のメロディーが流れています。)
その環境で造られるチーズが、美味しくないわけがない、と思ってしまうのです。私のその思い込みを裏切らず、ちゃ~んと美味しいスイスのチーズ『アッペンツェラー』🎵
きっとハイジも言うことでしょう。「スイスのチーズが一番美味しいわよ🎵ねぇ、おんじ。」

皆様も是非、ハイジお奨めの?『アッペンツェラー』一度お楽しみ下さいませ😊✨

ビールや日本酒、焼酎やワインによく合うアッペンツェラーの簡単料理
豆腐に合わせた熱々な料理のレシピです。お酒のおつまみにも、ちょっとしたおかずにもどうぞ

こちらのサイトにも詳しく載っています

https://www.pablo3.com/cheesebook/types/appenzeller/

コメント

タイトルとURLをコピーしました